世田谷カウンセリングルームブログ

東京都世田谷区のカウンセリングルームの日常を綴ります。カウンセリングは完全予約制で有料です。

調布市。子供は好きなんで大歓迎です。今回は1才半の子が来ました。

 

【東京世田谷心理カウンセリング-悩み相談-人生相談室】です。

東京都は調布市から来られた調布さん(仮)26歳女性はシングルマザーで1才半の子がいまして、育児疲れと鬱気味、それによる人間関係の面倒ということでカウンセリングに来られました。 

身内・親戚や知人・友人が心配してくれて色々と声を

かけてくれるので環境が悪いという訳ではなさそうでしたが、

いかんせんだからって子供を預けて寝れる訳でなし。

離れた場所で休んだり遊んだり出来る訳でもなし。

長浜さんにとっては周囲の声が偽善に聞こえるのだとか。

 

とは言え、言ってくれる優しい言葉も疑うことはないので

素直に「ありがとう」と言えばいいだけのところを自分が

ひねくれて反応しているだけのことで、それもまた

自分で嫌でイライラしてしまうといった様子でした。

 

1才半の息子さんということで、授乳やミルク、

移動の際にずっと抱いていないとダメという時期は

過ぎたものの、しかし今は今でイヤイヤ期だったり

グズッて言うことをきかなかったり、

食事の時に時間がかかりすぎる、散らかすなどに

イライラしてしまうそうでそれも自分で嫌だと。

 

まぁ子供に悪意も罪もないですし、

長浜さんも自分を責めるというよりキャパを超えていて

しんどいという事でした。

 

もちろん愛情はちゃんとあって大事にしています。

 

ただ、息抜きや休めるタイミングがないので

疲れやストレスや、うまくいかないことが溜まって

常にイライラしているようです。

 

旦那さんは半年ほど前に別れて出て行ったそうで

それからは少しマシだそうですが、溜まっているものを

吐き出したい。聴いて欲しいし嗜めて欲しいということでした。

 

ん?いやいや気になったんですけども

旦那さんがいなくなってマシになったとは?

旦那さんがいなくなって一気にキャパを超えたのではなく?

 

調布さんが言うには、旦那さんもストレスの素だったということで

いなくなって負担が減ったという考え方のようでした。

 

あー、なるほど、そうだったんですね。

まぁだから別れたんでしょうし、そうですか、ふむふむ。

 

そんな経緯を聴いている時も一緒に連れてきている

1才半の女の子はずっと喋っていて賑やかです。

 

カウンセリングを始めて30分ほどした頃から

初めての景色(カウンセリングルーム)にも慣れて

気がついたら私の膝の上でおとなしくしてくれていました。

 

60分+30分延長が終わる頃には私に抱きついて寝ていました。

ただそれだけの事でも調布さんには良い休憩になったようです。

 

溜まっていた愚痴を吐き出したこと。

母親というのはそういうものだ。

子供というのはそういうものだ。

何かのせいにしても仕方ないし、何も誰も悪くない。

今ちゃんと頑張っている。足りないことはない。

今はそういう時期で、みんな似たようなものだ。

そして見えるところで寝ている我が子を見れる安心。

自分が抱えているのではないから重さを感じず、

しかし見えるところにいるので安心できる。

 

かなり癒しとほぐしになったようでした。

 

次回は約2週間後に予約を受けました。

少しでも明るく元気に、優しくいれるならと

カウンセリング料金は調布さんのご両親が

出してくれるそうです。

 

私としても1才半の女の子になついてもらう事で

癒される部分もありますのでありがたいです。

やはり小さい子というのは可愛いものです。


【東京世田谷心理カウンセリング-悩み相談-人生相談室】でした。


- - - - - - - - - -
※カウンセリングは完全予約制&有料です。

■世田谷カウンセリングルームHP

http://kyoto-renai.net

■ウチのカウンセリングルームから出版された本
「みんな悩んでるのがわかる本」が好評です。
アマゾン商品画面
https://amzn.to/2Pf7S3c
- - - - - - - - - -